忙しい経営者を強力サポート|社長の商標登録

お問い合わせはこちらから

日本の登録商標を中国語に

近年、中国の経済はめまぐるしい発展を遂げました。そんな中国に目を付けた海外企業も、ビジネスの幅を中国へと広げています。日本もその中の一つです。日本で成功したブランドが中国へ進出するとき、そのブランドを中国語に翻訳してから商品やサービスに付けられることがあります。

翻訳された中国語は、以下の3種類に分類することができます。

 

商標の読み方をもとに翻訳する

マクドナルド → 麦当?(mai d?ng lao)
ケンタッキー → 肯德基(k?n de j?)
コカ・コーラ → 可口可?(k?k?u k?le)
シャネル  → 香奈儿(xi?ng nair)

 

商標の意味をもとに翻訳する

ソフトバンク  → ??(ru?n yin) ※?(軟らかい)+?(銀行)
ドラゴンボール → ?珠(long zh?) ※?(龍)+珠(ボール)

 

商標の意味をもとに翻訳する

スターバックス・コーヒー → 星巴克??(x?ngb?ke k?f?i)
ユニクロ → ?衣?(y?u y? ku)

 

最近の中国の若者の多くは英語を話すことができるので、ブランドを中国語に翻訳せずにそのまま使用するケースも増えています。北京市内では、UNIQLOやZARA、adidasといった有名なロゴがそのまま使用されているのが目立ちます。 自分の好きなブランドやアニメ・マンガが、中国語でどのように翻訳されているのかを調べてみるのも面白いかもしれません。 これから商標登録をお考えの方で、今後中国への進出を視野に入れていらっしゃるのなら、中国語へ翻訳することも考慮して商標をお考えになるのも良いでしょう。

 

みなとみらい特許事務所では、中国への商標出願を承っております。
ご相談、見積もり等のご用命はこちらのページのフォームからご連絡ください。

 

 

 

3年連続代理件数No.1。調査完了後お客様に費用を確認いただいた上で、正式に出願のお申込みを頂きます。まずはお気軽にお申し込みください。
商標登録、商標調査のご依頼はこちら。24時間受付中