忙しい経営者を強力サポート|社長の商標登録

お問い合わせはこちらから

Apple社が多額の和解金を支払った中国での商標問題

Apple社は中国において、iPadの商標権をめぐる問題を起こしていました。中国の唯冠科技(Proview Technology)が所有している「iPad」の商標権使用に関して、Apple社は正式なライセンス契約をしておりませんでした。そのために唯冠科技(Proview Technology)は、Appleに対して正当な手続きを行わないで特許を使用しているという警告を行なっていたのです。

Apple社が中国企業に支払った多額の和解金について

この事件についてApple社は、問題解決のために中国のProview Technologyに対して6000万ドルを支払うことで和解しました。この事件の特徴としては、かつてAppleがアメリカ富士通の米国子会社から400万ドルで、iPadの商標権を買い取ったときよりも大きな金額となっていることです。

 

この高い支払い金額の背景として考えられるのは、商標権の使用に関して所有者に有利に働いた点が挙げられます。いわゆる土地売買のときのような「言い値」で金額が決まってしまったということです。

 

またAppleが関係する事件では訴訟になった例があり、このときはProviewの米国支社に対して20億ドルの請求となったようです。それでもAppleにとっては商標権事件を決着付けることにおいて割安であったとしています。商標事件では多額の賠償金を支払うよりも、商標権の買い取りを行なう方がよいということがわかります。

企業は問題を避けるために商標権を得る傾向

ライセンス契約の例では、Appleがアイフォーンの商標ライセンスを行なうインターフォーン・メーカーに年間1億円のライセンス料を支払っていることが知られています。いまアイフォーンのような商標は国際的な問題となっていますが、このようなモバイル特許について、今後も何が商標問題になるのかわからないため、企業においては商標問題を避けるためにも商標登録は行なっておくほうがよいと言えます。

 

企業は商標登録を保険と考えて登録することが最善だと考えられます。また最近では国際問題の一つとして、中国における知的財産権に関連した問題が多くなっています。中でも商標権事件がよく見られることを特徴としています。そのことからiPadの商標権の問題のように、商標ロゴに関する事件とは異なる点に注意して理解しなければならないのです。

 

→ 商標の豆知識 目次へ戻る

 

 

 

 

 

3年連続代理件数No.1。調査完了後お客様に費用を確認いただいた上で、正式に出願のお申込みを頂きます。まずはお気軽にお申し込みください。
商標登録、商標調査のご依頼はこちら。24時間受付中