忙しい経営者を強力サポート|社長の商標登録

お問い合わせはこちらから

商標登録による権利の保護で得られるメリットとは?

近年では商標登録によって権利を保護することが重要視されてきています。商標に限ったことではないですが、知的財産権を獲得することでもたらされるメリットは非常に大きなものとなるでしょう。

商標登録による権利の保護

商標登録を行うことで、裁判などにまで発展するトラブルも未然に防ぐことが出来ます。例えば著作権などの権利を侵害された場合に、相手によっては権利侵害を認めないことがあります。その警告を認めない時には訴訟に発展させることも考えなければなりません。

 

また、裁判所では明確な結論が出ないこともあります。この時に重要となるのが商標や意匠の登録がされているのかについてです。もし商標登録が既にされているのであれば、裁判を有利に進められるとともに市場から権利侵害の対象となるものを排除できるでしょう。

 

逆に他人に類似した商標を誤って登録した場合には、権利の侵害として警告されることがあります。基本的に権利は先に商標登録した人が優先されます。そのため、早い段階で商標権を獲得することが望ましいでしょう。

もしも社名やトレードマーク、サービスマークといった営業やサービスにおいて貴重な権利を保護されていないのであれば、直ぐにでも知財事務所に相談をして商標登録を行いましょう。これらが他人に権利を取られた場合には売上に致命的な打撃ともなります。

 

特にサービスマークは最近になってから商標登録が可能となりました。つまり自己が持つ識別性を明確にすると同時に、その財産を商標で保護できるようになったということです。

>> 出願手数料17,800円の商標登録はこちら

権利の保護が重要視される理由

社名やロゴの商標登録が重要とされているのは、権利侵害を警告された際にそれを保護する権利を所持していないと裁判で不利になるためです。最悪の場合では社名とロゴの両方を変更することになった例も少なくありません。これによってユーザーからの知名度が失われるなど甚大なダメージを受けることになります。また変更に伴う手間やコストも考慮しなければなりません。

 

このようなことから、各企業や事業者は商標登録を自ら進んで行っているのです。上記のようなリスクを考えれば商標権の獲得にかかる費用は惜しむべきではありません。また商標を登録することで、悪質なコピー製品や類似名称などからも保護することが出来ます。

 

→ 商標の豆知識 目次へ戻る

 

 

 

 

 

3年連続代理件数No.1。調査完了後お客様に費用を確認いただいた上で、正式に出願のお申込みを頂きます。まずはお気軽にお申し込みください。
商標登録、商標調査のご依頼はこちら。24時間受付中