忙しい経営者を強力サポート|社長の商標登録

お問い合わせはこちらから

ロゴの商標登録で自社製品を守る

商品やサービスは、商標登録されることより保護することができるようになります。商標登録はコピー商品が市場に出回ることを抑制したり、法によって処罰することで自社ブランドを保護する役割を果たしてくれるものとなっています。

製品の品質を証明するロゴの商標

ブランド製品は商標法と不正競争防止法によって保護されるようになっているので、国内で作られたコピー商品だけでなく、海外からの密輸によって入り込んでくるコピー製品についても排除が強化されるようになっています。ブランドは、他人との商品や役務を識別するために必要な機能をもつものです。

 

たとえばある製品についているロゴは、どのメーカーであるのかということを識別することにおいて容易なものとしてくれるもので、消費者はその選択においてロゴを使う製品が特定のメーカーの製品であることを信頼して選ぶことができるようになるのです。つまり商標であるロゴは、他社との識別力をもつことで、商品は、自他商品役務識別機能をもつようになるのです。

 

その例として「ナショナル」といったロゴは、松下電器の製品であることを多くの人は知っています。このロゴには、出所表示機能・品質保証機能・広告宣伝機能という機能があるとされています。そのことから、出所表示機能としては松下電器の製品を信頼して購入したい人が、この「ナショナル」のロゴを見て買えばよいのです。品質保証機能については、このロゴに見てこの製品の品質がよいということを理解しているはずなのです。

ブランドの信頼と商品の差別化について

そして「ナショナル」が松下の製品であることを伝える上において、広告宣伝機能を持つことができるようになります。これを繰り返すことで、この製品であるなら信頼できるブランド力をもつようになり、このメーカーの製品を買うように考えられるとされているのです。ブランド化したロゴが、財産価値をもつようになり、店頭では、いくつかの製品の中からこのロゴのものを信頼して探すという識別力をもつようになるのです。これが商品の差別化を行なうようになるのです。そこで、コピー製品に対するブランドの保護が必要となるので、商標法と不正競争防止法が適用されるようになるのです。

 

→ 商標の豆知識 目次へ戻る

 

 

 

 

 

3年連続代理件数No.1。調査完了後お客様に費用を確認いただいた上で、正式に出願のお申込みを頂きます。まずはお気軽にお申し込みください。
商標登録、商標調査のご依頼はこちら。24時間受付中